業務用エアコンを買い換える際に注意すること

業務用エアコンは古い機種ほど部品の入手が難しく修理が困難になる傾向があります。そのため、買い換える際はなるべく新しい機種を購入するのがおすすめです。

人気のある業務用エアコンはこれ

no.1

ダイキン 業務用エアコン SZRC80BCT

ダイキンから発売されている業務用エアコンです。天井埋込カセット形4方向で3馬力で、業務用エアコンとしては比較的リーズナブルなのも魅力的です。

no.2

東芝 業務用エアコン AKEA08067JX

東芝から発売されている壁掛形の業務用エアコンです。単相200Vで、ワイヤレスリモコンが付属しています。

no.3

三菱電機 業務用エアコン PKZ-ERMP63SKLV

三菱電機から発売されている業務用エアコンです。壁掛形でスリムな形状でありながら2.5馬力のパワーを誇ります。

no.4

東芝 業務用エアコン ACEA08037M

東芝から発売されている三相200V、天吊形で3馬力の業務用エアコンです。リモコンはワイヤード形式となっています。

no.5

日立 業務用エアコン RPC-GP140RSH3

日立から発売されている天井吊り形の業務用エアコンです。5馬力でシングル三相200Vとなっています。

業務用エアコン

企業や店舗で選ばれる

業務用エアコンと一般家庭で使われているルームエアコンと違い冷暖房のパワーが異なります。ルームエアコンの場合は最大でも20畳程度のパワーですので、企業や店舗で使われる場合には業務用を選ぶことになります。小さな店舗の場合でも業務用が選ばれますが、パワーの違いが人気の理由です。居住スペースほどの小さな店舗でも業務用エアコンが選ばれる理由は、人の出入りです。小さな店舗であっても一般家庭と違って人の出入りが頻繁になります。人が出入りすると室温が一気に上がり下がりしてしまい過剰な負荷がかかり、故障の原因となってしまいます。業務用エアコンでは、人の出入りが多い場所であっても室温の上下にも対応することが可能です。火を使い温度が高い厨房であっても厨房専用業務用エアコンがルームエアコンよりも人気があります。厨房は水分や油分が含まれる空間にエアコンを設置することになります。ルームエアコンでは余分な水分や油分の想定はされておらず劣化スピードがあがりますが、厨房用の業務用エアコンであればカバーすることが可能です。

設置場所と馬力で選ぶ

設置する場所と用途にあっているかは、業務用エアコンの選び方のポイントとなります。能力や形状に合ったものを選ばないと冷暖房の効率が落ちてしまって、効き目が悪くなります。効率の低下や故障を防ぐためにも室外機前にはスペースが必要となります。形は設置場所のスペースによっても選び方が異なります。今まで設置しているものから新しいものに替える場合には、今まで使っていた業務用エアコンと同じ形を選ぶようにします。ただし、今まで使っていたエアコンが風のあたり方がイマイチだった、内装なども一緒に替えるという場合には別の形を選ぶことになります。業務用エアコンの能力は馬力であらわされるため、設置場所と人数、外気や室内の温度などを考慮して馬力計算が行われます。馬力計算は電気料金に関わりますし、業務用エアコンへの負荷にかかわるため、設置する前に業者が現地確認を行います。

広告募集中